製品情報
用途情報
サポート
会社概要
購入情報

Personal Dose Tracker

Zoom
Polimaster社のDose Tracking Systemソフトウェアはレントゲン機器を扱う技術者たちに危険な被ばく量を警告し、放射線被ばくから身を守るために使用されます。このシステムによって、レントゲン機器の安全管理はより高度なものになります。このシステムはレントゲンスキャン装置を扱う領域で働き、放射線のチェックを頻繁に受ける専門家のために、自由に線量モニタリングのニーズに応える設置・設定ができるようになっています。全てのデータは情報処理のための管理センターに送り込まれ、内部データベースに保存されます。
ご購入ガイド

レントゲン機器は何の措置も取らなければ、健康に被害を及ぼす放射線を発する恐れがあります。レントゲンスキャン装置から放出される危険な量のХ線を測定し、その放出量を管理することはレントゲン機器を使用する技術者を放射線から守る上で一番重要な要素です。ガンマ線・Х線を放出する機器を扱う場合、長時間にわたって蓄積された被ばく量を測定することは一回の被ばく量を測定することより重要なことになります。レントゲン機器を扱う技術者の被ばく量を正しく測定するには全ての作業者、管理プロセス、機器を結びつけるシステムが必要になります。

Polimaster社のDose Tracking Systemはレントゲン機器を扱う技術者たちに危険な被ばく量を警告し、放射線被ばくから身を守るために使用されます。このシステムによって、レントゲン機器の安全管理はより高度なものになります。このシステムはレントゲンスキャン装置を扱う領域で働き、放射線のチェックを頻繁に受ける専門家のために、自由に線量モニタリングのニーズに応える設置・設定ができるようになっています。全てのデータは情報処理のための管理センターに送り込まれ、内部データベースに保存されます。


このシステムは外部放射線被ばく量の継続的な管理、線量ヒストリーデータベースのメンテナンス、一定期間にわたって蓄積された放射線量の計算(個人線量またはグループ線量)、および自動化された基準しきい値(個人またはグループのしきい値)のアラーム設定などが実現できるように設計されています。


組織によって放射線管理の規則は違うかもしれませんが、全ての組織は国や地方自治体の規則に従わなければなりません。一般的に、年間急性被曝線量は1ミリシーベルトを超えらない場合、放射線量の管理やアカウンティングが必要ありません。年間急性被曝線量は0.1 レントゲンから0.5 レントゲンの間の場合、放射線量の管理やアカウンティングが奨励されています。しかしながら、年間急性被曝線量は0.5 レントゲンを超えている場合、放射線量の管理やアカウンティングが必要でけでなく、一部の国では義務付けている条件となっています。


線量モニタリングや管理規定が実施されている場合、ガンマ線、X線を放出する装置の操作を行う全ての職員は個人用線量計を着用する必要があります。そうした場合は、環境の放射線からの被ばく量の二六時中モニタリングが可能になります。

Personal Dose Tracker ソフトウェアの主な機能は以下の通りです。

  • 機器のデータベースの生成 (最大100 ユニット)
  • ユーザーデータベースの生成 (最大100 ユーザーカード)
  • ユーザーをグループに組み分け(例:管理者、オペレーター、ユーザー)
  • それぞれのユーザーグループに対して、アクセスレベルとカスタマイズされたしきい値の設定
  • 個々のユーザーに対して、アクセスレベルとカスタマイズされたしきい値レベルの設定
  • グループ・ユーザーのアカウント管理(移動、編集など)
  • イベントの情報の読み込み、データベースへの機器ヒストリ保存
  • オンライン上でデータベースに機器の動作パラメーターの記録とデータ保
  • ネットワークに接続する全ての機器から搭載されたイベント情報を基に、放射線管理用の総合情報システムの生成
  • それぞれのグループ又は個人ユーザーに関してのデータベース情報を基に、レポートや図表の作成・印刷


危険な被ばく量の測定は使用者の組織で決められた規則やEPA、OSHA、または国や地方自治体の要求に応える必要があります。