製品情報
用途情報
サポート
会社概要
購入情報

Polimaster Nuclear Protection Network

Zoom
Polimaster社が開発した放射線管理システム、Polimaster Nuclear Protection Network (Polimaster NPNET™) は放射線管理の強い味方です。国境の安全管理から地域の安全管理まで、このシステムは幅広く活用されます。全ての情報は固定または移動式の様々な検出器 (放射線ポータルモニター、放射線スペクトル検出器および放射性核種同定装置) からNPNETに集められ、地域ごとのユーザーがリアルタイムで中央管理センターあるいは専門調査グループと情報を交換できるようになっています。
ご購入ガイド

Polimaster Nuclear Protection Network (Polimaster NPNET™) は放射線の安全管理の分野において、新しい世界を切り開くシステムです。NPNETは二つの段階に分かれている拡張可能なシステムです。このシステムを使えば、数台の検出器を結んで小さい範囲を管理するだけでなく、数100台の機器を使って大きい町全体をカバーするモニタリングが可能になります。

それぞれの場所にいる使用者はリアルタイムで放射能を発見・識別することができます。このことによって、放射能汚染の危険を未然に防止するとともに、紛らわしい場合の判別も素早く行うことができます。

Polimaster NPNET™ システムを使えば、中央管理センター (UCC) にいながらにして、放射線の発生源の場所や種類、その放射線強度などを瞬時に判断することができます。

そのような情報を入手することは、効果的に状況をコントロールし、次の段階の判断を素早くすることにつながります。危険な状況の情報収集に加えて、管理センターではNPNET が配置されている地域の放射線の統計的情報や放射線地図も作成することができます。

放射能汚染の危険がある場合、システムのアラームプロトコルによって多くの使用者に瞬時に連絡を取ることができます。暗号化された管理モジュールによってシステムへのアクセスは守られており、マルチレベルのパスワードによって保護されています。このネットワークシステムを使えば、医療目的の同位体と軍事目的の同位体の識別などが可能になります。
最後に、放射線管理への対処法としてネットワークアプローチを採用すれば、放射線管理の仕事を行う責任者は放射線スペクトル装置を扱うための高度な訓練を受けずに、リアルタイムで専門家たちに連絡を取ることで、実際の放射線状況で判断することができます。


アプリケーション

  • ファーストレスポンダー
  • 税関・国境警備
  • 警察・高速パトロール隊
  • 公共イベントの場所
  • 危険物処理班
  • 民間警備
  • 一般の住民

 

主要機能

  • 双方向のコミュニケーション
  • 遠隔専門家のサポート
  • 放射線管理用の分散型ネットワーク
  • 一般のユーザー対応デザイン
  • GPSにより常時データ送信

製品カタログ: