製品情報
用途情報
サポート
会社概要
購入情報

PM1710Cガンマ線・ガンマ中性子線モニター

Zoom
このシリーズの高感度ガンマ線・ガンマ中性子線モニターは出入り口近くに設置される壁掛けタイプの器具で、建物の放射線安全管理を目的として常に荷物や入館者をチェックするために使用されます。
ご購入ガイド

PM1710C

壁掛け式のPM1710Cはガンマ線モニターを搭載し、入館時の放射線モニタリングを行うことによって、建物の放射線安全を確保できる製品です。この感度の高いモニターは出入り口近くに設置されており、荷物や入館者をチェックすることで、放射性物質の発生源が建物内で移動するのを管理することができます。


モニターには、大型のCsI(Tl)ガンマ検出器が搭載されたことで、より高価な大型の固定式ポータルモニターと同等の感度を達成することができるのです。このシリーズのユニットは、小型の人間工学的設計を搭載し、それらを持ち運ぶか、一定の場所に置かれているかを問わず、機器の操作を簡単に行うことができます。それによってモニターを使用する専門家たちは快適に作業ができるようになっています。


 放射線量がプリセットした基準値を超えた場合、機器は即座に音声または振動アラームによりユーザーに放射線危険の警告を通知します。アラームを引き起こした放射線源を見つけるには、モニターを壁の取付クレードルから簡単に取り外し、通常のハンドヘルド放射線検出器として使用することもできます。


この放射線検出器はRS485/USBインタフェース接続により、ネットワークへ統合することが可能です。 ネットワークとの統合化を行えば、現場で集積された測定データをユーザーのパソコンへ送り込むことで、ユーザーに危険な状況を迅速に警告することができるようになります。

PM1710C
検出器CsI(Tl)
ガンマ線の探索、スペクトラム
感度 (137Сs), 以
500 (s-1)/(μSv/h) (5.0 (s-1)/(μR/h))
感度 (241Am), 以上500 (s-1)/(μSv/h) (5.0 (s-1)/(μR/h))
エネルギー範囲0.045 – 3.0 MeV
Indication Rangefrom 1 to 3000 µR/h (from 0.01 to 30 µSv/h)
DE measurement range
Accuracy of DER indication (at 137Сs)
in the range of 0.1 – 20 µSv/h (10 – 2000 µR/h),
no less
± (20 + К/ Η ) %, where Η – is the indicated DER,
К – a coefficient of 1 µSv/h
シンチレーターの積算チャネル数x
不揮発性メモリーに保存できるスペクトル数, 最大値x
Activity measurement sample
density range
x
Accuracy of 137Cs nuclide activity measurement x
Sensitivity to 137Cs in the activity measurement modex
137Cs activity measurement range
when using Marinelli beaker
x
中性子線の探索
検出器x
Sensitivity
- for Pu-α-Be
- for thermal neutrons
- for Pu-α-Be (with neutron moderator)
エネルギー範囲x
Indication Range
DER measurement range
(by Pu- α-Be source in collimated radiation)
ガンマ線測定
検出器x
線量率x
エネルギー範囲x
アルファ線、ベータ線の測定
検出器x
アルファ線速密度の測定範囲x
Sensitivity to α- radiation (239Pu)
ベータ線速密度の測定範囲x
Sensitivity to β- radiation (90Sr+90Y)
ベータ線測定のエネルギー範囲 x
物理パラメータ
寸法172 x 57 x 32 mm
重量420 g (14.8 oz)
防水・防塵 (IP保護等級)IP65
落下テスト(コンクリート面):0.7 m (2.3 ft)
パソコンとの接続赤外線通信(IRDA), RS-485
動作環境
温度 -30 ~+50 °C
湿度 以下 95 %, 35 °С (95 °F)
電源
バッテリー単三電池1本/5V DC
バッテリー動作時間1000 h
Power supply1.5( + 0.1; -0.4) V