製品情報
用途情報
サポート
会社概要
購入情報

PM2012Mガンマ線量計、化学剤検出器の複合測定器

Zoom
放射線環境の継続的な監視及び周囲のガンマ線量率の測定だけでなく、空気中の有毒な蒸気の存在を検出できる携帯型測定器の設計です。
ご購入ガイド

周囲の放射線及び化学環境の両方を監視し、統合機能を備えたコンパクトな製品です。


主要機能
• ガンマ線量計と化学剤検出器を一体化した機種
• 周囲のガンマ線量当量(10 Sv (1000 R)以下)、線量当量率(10 Sv/h (1000 R/h)以下)の継続測定
• 有機リン化合物(サリン、ソマン、Vガス)と同時に、ヒ素含有物質(ルイサイト)の検出可能
• ガンマ線量、線量率及び有害物質の蒸気濃度のしきい値の設定と、画面、音声アラームにも対応
• 高コントラストの有機ELディスプレーにより、直射日光の下でもデータを明確に表示
• 内蔵不揮発性メモリへのログデータ保存
• 赤外線ポートを経由して、測定器のオペレーションヒストリーをパソコンへ転送
• オンボードの電源またはACメインラインに接続可能
• 対衝撃密閉ケース、防水、防塵性能
• 時計とカレンダー機能

ガンマ線量計、化学剤検出器の複合測定器PM2012M は二つの単独モジュールで構成されています。


ガンマ線検出器モジュール
ガイガー=ミュラー管(GM管)式により、周囲のガンマ線量当量と線量当量率を継続的に測定することができます。プリセットしたしきい値を超えた場合は、アラームによりユーザーに警告を通知します。

有毒化学蒸気の検出器モジュール
ベータ線源63Niを装備した電離箱により、空気中の有毒な蒸気の存在を検出することができます。分析空気は、有機リン系化合物及びヒ素含有物質を同時に検出するために、特別なチャンバーを通ってポンピングされます。有毒物質蒸気の検出結果を表示するには、二つのアナログス目盛りが使用されます。黄色の目盛りは有機リン系化合物、赤の目盛りはヒ素含有物質の有無を示しています。


照明されたセグメント(下から上の方へ)の数は、有毒物質の蒸気濃度を現在値のしきい値に対する比(%)としてを表しています。
• 一つのセグメントは75 %から99%までの濃度値を表示;
• 二つのセグメントは100 %から124%までの濃度値を表示;
• 三つのセグメントは125 %以上の濃度値を表示。


高コントラストの有機ELディスプレーにより、説明及び測定結果は直射日光の下でもディスプレイにハッキリ表示されます。PM2012M は耐衝撃性の密閉金属ケースの設計により、過酷な作業環境、気象条件の元でも正常に動作することができます。この測定器は使いやすく、ユーザーの最小限のトレーニングで使用可能です。

NSN 6665-33-208-7892.

PM2012M
検出器
ガンマ線検出器
GM管
化学兵器
イオン移動度分光分析(IMS)
線量率の表示1 µSv/h - 10 Sv/h
線量率の正確性 (H - 線量率, µSv/h))±(15+0.02/Ḣ) %
線量の測定1 µSv - 9.99 Sv
線量 の正確性± 15 %
線量率のしきい値範囲x
ガンマ線エネルギー範囲0.06 – 3.0 MeV
エネルギー応答0.662 MeV 相当
(Cs-137)
± 30 %
しきい値濃度を超えて、検出時間
(通常の気候条件: 温度 +20° C ±5°C,
気圧101.3 (+5.4; -17.3) kPa,
相対湿度 60 (+20; -30) %)
有機リン化合物の検出しきい値 5*10-5mg/l, 以下
10 s
ヒ素含有物質の検出しきい値3*10-4mg/l, 以下
15 s
Indication of the detected CWA
organophosphorus compounds
yellow LEDs bar
arsenic-containing compound
red LEDs bar
ガンマ線の線量当量率に対応した、10 から100 mSv/hまでの段階的増加/減少の検出時間, 以下10 s
電源Dタイプのガルバニ電池1本
バッテリー動作時間150 h, 以下
動作環境
温度範囲
-10 ~ +50°C
相対湿度
98% 以下, 35°C
圧力
84 ~ 106.7 kPa
ケースの保護高級 (非動作状態)IP55
重量770 g
寸法66 x 47 x 195 mm
PC CommunicationIR link, IrDA standard

取扱説明書:



ソフトウェア:



ソフトウェア利用説明書:



製品カタログ:



証明書: